幼稚園の先生にお礼としてプレゼントを!でも悩む~!という方はチラッと参考にしてみてください(*^^)v

幼稚園1

 

幼稚園の先生にお礼としてプレゼントを・・・

3月になって、ひな祭りが終わると、子供が居るご家庭では卒園式や卒業式、学期末のPTA総会などで、新しい学期が始まるまでは結構ばたばたしますよね。

それに、先生たちの離任、転任もありますよね。

慣れ親しんだ先生たちが自分たちのそばから居なくなるのは、子供は勿論寂しいですし、不安も感じるでしょう。

 


Sponsored Link


 

親も、よく相談していた先生が居なくなると思うと、がっかりしますし、子供のために尽力してくれた先生にお礼の一つもしたいと思うものです。

 

そこで、先生と別れる際に、花を渡したり、プレゼントを贈って、感謝の気持ちを現したいものです。

 

幼稚園2

 

幼稚園の先生は特に、子供の初めての「教育」の場で、親の代わりを務めるときもあれば、先生として子供に学習させるときもあり、業務の顔がとても多くあります。

幼稚園はバス通学のこともありますが、普段はバスに乗っていくのを嫌がるけど、大好きな先生が乗車していると「 先生がいるから乗る!」と言うお子さんもいるんじゃないでしょうか?

親も子も、初めての学びの場で、間に入る先生には助けてもらうことがとても多いのが幼稚園時代です。

その幼稚園の先生に、子供と親から、プレゼントを贈りたいな~となったとき、どういうものが良いか、頭を抱えていませんか?

 

幼稚園3

 

今回は、幼稚園の先生に贈るプレゼントはどんなものがいいのか、渡すタイミングなども考えていこうと思います!

まず、自分と子供の2人から贈るのか、クラス全員で贈るのかで、違ってきますよね。

今日は一般的に多い、クラス全体で贈れるものを調べました!

 

【幼稚園児から先生へのプレゼント】

  • 子供たちが折った折り紙を貼った色紙の大きなもの
  • 子供たちが描いた先生の似顔絵をマグカップやトイレットペーパーなどに印刷したもの
  • 子供たちがつくった押し花で作った絵
  • 先生へのメッセージをまとめたメッセージアルバム

 

【保護者から先生へのプレゼント】

  • オリジナルのアルバム
  • 子供たちの名前や顔が入ったメモリアルプレート
  • 先生の顔をしたスタンプ
  • 手づくりのエプロン
  • ブリザードフラワーのインテリア(容器に子供たちの名前や写真入り)
  • 先生の名前入りの運動靴やジャージ

 

【先生がよく使うものリスト】

  • エプロン
  • ハンカチ
  • マグカップ
  • 運動靴
  • 工作用の、はさみのり、ペンなどの文房具
  • リュックサック
  • ポロシャツ
  • ジャージ
  • シンプルなヘアゴム
  • 幼稚園向けのイラスト集
  • レインコート
  • レインブーツ
  • 行事の飾りつけの準備品などが入る、結構大きいバック

 

折り紙は、魚をいっぱい折って水族館風にしたり、春なので桜の花の形に切ってその中にメッセージを書いたり、花を折って全員分貼ることで花束のサイズにしたり、いろいろ工夫できます。

幼稚園4

今ではオリジナル製品を作ってくれるショップが増えたので、子供たちの絵をいろんなものに印刷できて助かりますね。

 

参考になりそうなサイトがありましたので、リンクを貼っておきますね。

 

オリジナル陶器@卒園記念HP

しあわせの時計

エイジクラフト株式会社(刺しゅう入りタオル)

文具の森(名入れ鉛筆)

 

 

やっぱり人気なのは?

保護者からで人気なのは、エプロンと、アルバムです。

アルバムは最近手作りグッズが増えてきて、雑貨屋、文房具屋、100円ショップでも材料を揃えて作ることができますよ。

皆で写真を持ち寄って、子供たちの成長に浸りながら作れたら、保護者も楽しいですよね!(^^)!

 

 

最後に渡すタイミングですが、

やっぱり全体での式が終わってクラスに戻って、担任の先生の話の時間のときですね。

幼稚園によっては、卒園式の前にお別れ会が開かれるそうですが、先生へのプレゼントは卒園式の時が基本のようです。

式当日は多忙で、あまり時間を裂けないかもしれませんが、やっぱり「 最後のお礼 」として子供たちも締めくくりたいと思いますよ。

 

先生への記念品、プレゼントの予算は?

幼稚園側が金品の贈り物を基本的に禁止していて、卒園の時だけごく少額のものを・・・と言うところもあるそうですが、大体は1,000円~2,000円が多いですね。

1クラスに先生が2人、幼児1人当たり200円~300円を徴収してそれを二人分に割ると、大体2,000円前後になります。

後は、年長さんは受け持ってもらっていないけれど、年少さん、年中さんで凄く子どもがお世話になったから・・・、と有志のママグループや個人的に別の先生に贈りものをする方もいます。

その時は複数人なら一人当たり500円前後、個人的になら1,000円位の予算が多いですね。

長い子育ての中で、先生と言う存在は子供と親の間に入ってくれる有難い存在ですから、感謝の気持ちが強くなるのは凄くよく分かります。

 

プレゼント代の集め方は?

昔は役員さんがクラスの住所録を持っていて、役員の連名で手紙を出し、日数に余裕を持って○日までに役員さんまで渡して下さいと連絡するのが多かったです。

ただ、今は個人情報保護の観点から幼稚園を通して集金する方法に代わってきています。

幼稚園で、「役員から保護者への手紙」を配布してもらって、また集金も幼稚園で集めて貰って、幼稚園から役員へ・・・という方法になります。

中には、プレゼントを渡し終わった後、卒園式の解散後に役員が保護者に声をかけて「プレゼント分、一人300円だから払ってください」と言われたことがある!、と言うパターンもありますが、これはかなり不評なので注意してくださいね。

集金をお願いするときに、役員からの手紙の中で、アンケートを同封するとプレゼントが決めやすいのでオススメです。

3種~5種くらいまで役員内で商品を絞り、「プレゼントするならどれがいいと思いますか?○を付けて集金と同封してください」としておくと周りの意見も取り込むことが出来るので、後から他の保護者から「プレゼントの内容に納得がいかない」とクレームが来ることも無いですよ。

 

園側から保護者から先生への個人的な贈り物が禁止されていたら・・・

公立幼稚園の場合は金品や品物のやり取りが公務員法で禁止されています。

私立幼稚園でも先生たちへの贈り物を受け取っていないところもあります。

そんな場合は、保護者から「幼稚園へ」贈り物してみてはどうでしょうか?

高いものでは無く、ボール、虫めがね、じょうろ等、皆で使えるものを予算内で購入して贈るのであれば、寄付と言う形で受付してもらえると思いますよ♪

他には、シャボン液、つみき、屋内用の滑り台、カラーペン、ブロック、絵本、時計、お店屋さんごっこのテント等、色々あります!

最近オススメなのは、スイス発のビリボと言うおもちゃです。

そのまま座ってもクルクル回って面白いし、プールでも使えるし、おもちゃ入れにもなるし、色んな遊び方が出来て面白んですよ。

1個2,000円前後で色々な色があるので、揃えるとカラフルで綺麗な点もオススメです。

 

 

予算内でオススメするプレゼント

先生へ記念品の予算、1,000円、1,500円、2,000円の三段階で区切って色々ご紹介します。

予算が少なくなって、良い品が思い浮かばない時は、先生方皆で飲んだり食べたり出来る差し入れでも良いと思います。

プレゼントのメインを子ども達の姿を映した動画や、子ども達が作った製作にして、それにプラスお茶やお菓子だと更に良い感じになりますよね!

 

予算1,000円位!

先生の休憩に使っていただける、イニシャルカップです。

名入れ出来るマグカップもあるので、そちらもオススメですよ!

 

連絡帳に押せる、名前入りの「見ました」は毎日使えますよ!

 

予算1,500円位!

毎日連絡帳を書いたり、報告日誌を書く先生はボールペンをかなり使います!

筆記用具はいくらあっても大丈夫!

 

エプロンシアターは人気だけと高くて予算オーバー!と言う時にはこちらの手袋形のお話手袋がおすすめです。

グローブにぺたぺた人形を貼ることが出来るので少人数をあやすときにピッタリですよ~。

 

予算2,000円位!

ナミナミに切れたり、ギザギザに切れたり、色んな切り方が出来るクラフトハサミです。

幼稚園の壁や窓に貼る製作も多いので役立ちます。

 

床暖房の幼稚園が増えてきています。

そのため、幼児よりも身長の高い先生は上半身が寒かったりするんです!

女性に冷えは天敵!と言うことで暖かいエプロンもおすすめです。

皆で素敵な思い出を飾れるとうれしいですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク