雪見ができる露天のお風呂は最高ですよね!最後に超・超おすすめをご紹介します

雪見露天5

雪見の露天風呂は最高ですよね!

冬になると、景色を彩ってくれる花の色が見えなくなります。

 

代わりに、雪に覆われて一面真っ白です。

 


Sponsored Link


 

雪には、別称が多々あるのをご存じですか?

 

これでも一部ですが、下記のような言葉があるんですよ。

  • 天花(天華) 雪を天上界に咲く花に例えた言葉
  • 風花 風が吹いて表面の軽い雪が舞う様子
  • 六花(六華) 雪の結晶の形から6枚の花びらに例えた言葉
  • 寒花 冬に咲く花のことで、雪も含めます
  • 雪花 そのまま、雪を花に例えた言葉

 

雪は昔から冬の花として形容されてきたんですね。

 

雪見風呂1

 

空から白い花がふわふわ降るのを眺めながらの雪見風呂、最高だと思いませんか?

 

日本は温泉と四季という素晴らしい組み合わせがあります。

 

冬には冬の温泉の楽しみ方があるんですよ!

 

そこで日本各地のおすすめ雪見風呂をピックアップしてみました。

 

最後に私が行ってみてよかった露天風呂もご紹介しますね(^^)/

 

 


スポンサーリンク


 

 

会津東山温泉 向瀧

http://www.mukaitaki.com/

 

福島県会津若松市にある、会津東山温泉の向瀧(むかいたき)。

 

ここは、露天風呂は残念ながら無いのですが「さるの湯」は内湯ながら外の景色が存分に楽しめるように片側が一面窓になっていて、雪の降った日は温まりながら雪見をすることが出来ます。

 

雪見露天3
【画像引用:http://www.mukaitaki.com/spa/saru/】

 

この温泉宿は敷地内で毎年「雪見ろうそく」を実施していて12月下旬から2月末まで、幻想的な雪と蝋燭の芸術を見る事が出来ます。

 

雪見露天2

 

蝋燭の灯がゆらゆらと雪の庭に花を咲かせるのは一度見たら忘れられません!

 

ホームページに写真がたくさんあるので見てみてくださいね。

 

登録有形文化財の宿としても知られている有名旅館です。

 

 

万座プリンスホテル

http://www.princehotels.co.jp/manza/onsen/

 

みなさんご存知、群馬県吾妻郡にある万座プリンスホテル!

 

星☆に一番近い露天風呂として人気の高い万座温泉です。

 

冬は白銀の世界の中、「こまくさの湯」は露天風呂につかることが出来ます。

 

雪見露天4
【画像引用:http://blog.princehotels.co.jp/manza-area/2014/04/post_1823.html】

 

岩の露天風呂も、雪化粧の時期はまた違った味わいがあって、多様な冬の景色を愉しむことが出来る温泉です。

 

群馬県なので都心部からもアクセスしやすい場所なのも人気の理由の一つですね。

 

 

乳頭温泉郷 鶴の湯

雪見露天5
【画像引用:http://www.nyuto-onsenkyo.com/index.html】

 

http://www.nyuto-onsenkyo.com/index.html

 

秋田県仙北市にある、乳頭温泉郷 鶴の湯!

 

言わずと知れた、雪見風呂の名所です。

 

7か所の温泉を周ることが出来る、温泉好きにはたまらない場所ですね。

 

七つの湯は、鶴の湯、妙乃湯、黒湯温泉、蟹場温泉、孫六温泉、大釜温泉、休暇村乳頭温泉郷とあり、宿泊者限定で「湯めぐり帖」というのが1,500円で販売されていて、どこでも好きな温泉に入浴することができます!

 

冬の夜は、オレンジ色の灯と藍い雪の影の中、しずかに雪見風呂を愉しむことが出来ます。

 

鶴の湯だけで、半径50メートル以内に泉質の違うお湯が4か所も湧いているんですよ。

 

江戸から続く温泉昔のままの出で立ちは、まるでタイムスリップしたかのような神秘さを醸し出しています。

 

 

星野リゾート 青森屋

http://noresoreaomoriya.jp/

 

青森県三沢市にある、星野リゾート 青森屋!

 

ファンタジーな雪見風呂を楽しみたいならこの温泉です。

 

「浮湯」といって、池がまるで宙に浮いているかの様な露天風呂があり、視界に入るものは四季の自然だけの絶景風呂です。

 

雪見露天6

 

冬は、雪見と一緒に青森の伝統「ねぶた祭り」の起源となる「ねぶり流し」のイベントを行っていて、和紙の灯篭が宙に浮かんで灯となってくれる露天風呂に入ることが出来ます。

 

雪に慣れていない人が冬の青森を観光するのは難しいですが、青森屋は旅館内に土産屋、青森の伝統文化のステージ、敷地内には広い歴史ある建物がある公園もあって、1泊2泊なら旅館周辺で十分愉しめることが出来ます。馬車もあるんですよ。

 

 

さらにさらに、関東からアクセスするなら、日光湯元温泉がおすすめです。

 

関東だと中々雪が積もらないのですが、奥日光のさらに奥のこの場所はしっかり雪が積もって、冬の温泉を満喫できる場所です。

 

 

奥日光小西ホテル

http://www.okunikko.co.jp/index.shtml

 

栃木県日光市にある、奥日光小西ホテル!

 

乳白色の岩で囲まれた露天風呂は、冬になると雪が積もって水墨画のような美しさになります。

 

雪見露天7
【画像引用:http://www.okunikko.co.jp/spa/index.html】

 

 

湯元 板屋

http://www.yumoto-itaya.jp/

 

こちらも栃木県日光市にある、湯本 板屋!

 

屋根付きの露天風呂が男風呂、女風呂両方についています。

 

雪見露天8
【画像引用:http://www.yumoto-itaya.jp/furo.html】

 

雪が降っても安心して入れるのが良いですね。

 

乳白色の温泉なので、雪が降って周りが白くなると、世界が真っ白になってとても美しい光景ですよ。

 

奥日光の冬は絶えずイベントがあるので、温泉以外も楽しめます。

 

 

さて、最後になりましたが、私が行った温泉宿をチラッとですがご紹介します。

 

もうずいぶんと前になりますが、群馬県にある「水上温泉郷/宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)」、と言う温泉に行ったことがあります。

 

 

 

ここは何が凄いかというと、川沿いに設けられた露天風呂の大きさです!

 

摩訶(まか)の湯は120畳面積、24時間入浴可、混浴
雪見露天9
【画像引用:http://www.takaragawa.com/huro02.html】

 

般若の湯は50畳面積、24時間入浴可(宿泊者のみ)
雪見露天10
【画像引用:http://www.takaragawa.com/huro03.html】

 

子宝の湯は200畳面積、24時間入浴可(宿泊者のみ)、混浴
雪見露天11
【画像引用:http://www.takaragawa.com/huro04.html】

 

摩耶(まや)の湯は100畳面積、女性専用、24時間入浴可
雪見露天12
【画像引用:http://www.takaragawa.com/huro05.html】

 

とにかくスケールの大きさに圧倒されてしまいます!

 

日帰り入浴も可能ですが、やはりゆっくろと宿泊して色々な露天風呂に入ってみて下さい。

 

ここはとてもおすすめの温泉です

 

是非、旦那さん、彼氏と一緒にラブラブなひと時をお過ごしください

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク