二日酔いに効く飲み物、食べ物はこれで決まり!

二日酔い2

二日酔いに効く飲み物や食べ物を効率よく摂って・・・

年末年始、何かとお酒を飲む機会が増えるシーズンです。

 

二日酔い1

 

忘年会に新年会、めでたい行事が続きますが、

 

辛い二日酔いですと、次の日の1日が不快になってしまいますよね。

 


Sponsored Link


 

この時期、飲み会が毎週続く人もいます。

 

飲んでいる最中は楽しくて、つい飲み過ぎちゃう ▶ 二日酔い(泣)

 

なんていう展開も少なくないんじゃないでしょうか?

 

二日酔い2

 

では、もしも次の日に二日酔いになってしまった場合、どのように対処すればいいのか・・・。

 

 

気分も向上させてくれるアルコールですが、体内に吸収されたアルコールは肝臓くんに運ばれて行くんです!

 

二日酔い3

それな、何で?

 

はい、それは、

 

 

肝臓くんにはアルコールを分解する機能があるためなんです。

 

(「そんなの知ってる~」、というツッコミはご遠慮くださいね~)

 

 

しかし・・・、

 

肝臓くんはアルコールを猛スピードで処理をしてくれるわけではないんですよね!

 

二日酔い5

 

この分解スピードは体質などもあるので個人差があります。

 

自分に合った適量を飲んでいる限りは、肝臓くんも翌朝までにアルコールを分解しきるので、二日酔いにはなりません。

 

 

しかし肝臓くんの処理能力を超える量のアルコールの場合、体内にアルコールが残ったままの状態になります。

 

この状態があの不快感を伴う二日酔いを引き起こすんです。

 

顔学生女子_げそ

 

お酒で失敗の経験がある人は、二日酔いイコール「頭痛」のイメージがあるのではないでしょうか。

 

辛い二日酔いは、こみ上げるような「吐き気」、「頭痛」などが一般的です。

 

あ、ちなみに、私は二日酔いは「吐き気」が多いです。

 

頭痛はあまりないんですよね。

 

どうでもいい事ですみません・・・。

 

 

では、なんで二日酔いのこれらの症状は引き起こされるのか・・・。

 

この不快感の原因は、アセトアルデヒドが関わっています。

 

日本人に少ない傾向とされるこのアセトアルデヒドは、肝臓くんがアルコールを分解したのちに生成される成分です。

 

更に分解されると水と炭酸ガスに落ち着くので、アルコールの摂取時にトイレが近くなるのはこのためです。

 

分解されたアルコールが尿になるんですね。

 

二日酔い6

 

しかし、この最終段階に行かず、アセトアルデヒドのまま体内にあると、例の嫌な不快感な二日酔いの症状になるんです。

 

肝臓くんにも負担がかかっていると理解できますよね。

 

 

では、この嫌な二日酔いは、どのように予防できるのか・・・。

 

ちなみに、ビール1本を標準的な体格の成人男性が分解を終えるのに、約3時間かかると言われているんです。

 

つまり、翌朝に残さないためには早めに飲酒を切り上げるのも最善策です。

 

適量をつかみきれない時、あるいは飲みすぎたなと感じるときは、飲む時間を短めにしておきましょう。

 

 

また、アセトアルデヒドの分解を促す飲み物を飲むのもおススメです。

 

コーヒーや果汁100%ジュースが該当します。

 

特にジュースの場合はグレープフルーツがおすすめです。

 

 

また、シジミの含まれるアミノ酸も分解を促しますから、お酒を飲みながらシジミのお味噌汁を〆に、というのもおススメですよ。

 

 

さらに、スポーツドリンクも分解をサポートします。

 

ポカリスエットやアクエリアスのような代表的なスポーツドリンクでOKです。

 

 

 

アルコールの摂取で利尿し、失われがちな水分を補給することで、二日酔いをブロックすることが出来ます。

 

 

で、これ意外(でもないですが)と重要!

 

事前に防ぐ場合は、空腹を避けましょう。

 

二日酔い7

 

空腹時は必要以上にアルコールを吸収しがちです。

 

油で炒めたものなどを食べると二日酔いを事前に防ぐことが出来ます。

 

二日酔いの不快感知らずで年末年始も美味しいお酒を楽しみましょう。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク