保温のお弁当箱でスープも温か!やっぱりランチは温かいごはんを食べたいですよね!

保温

寒くなってくると、手足の先も冷えてきて冷え性対策を始めたりしますよね。

食事でも根菜や生姜を取ろうと気にしてみたり、暖かい飲み物で体を冷やさないように、お母さんは家族に気を配って大変です。

今はお弁当も種類がたくさんありますが、昔は粗熱を取ってから蓋をして、食べるころには冷えているのが当たり前でしたが、今ではお昼になっても暖かいまま食べれる保温型のお弁当が人気です。

 


Sponsored Link


 

暖かいご飯ってやっぱり嬉しい!

冷えたおにぎりを食べるより、やっぱり暖かいご飯が嬉しいですよね!

特にお弁当を持っていくOLや外で働くお父さんたちには喜ばれます。

外回りの営業だったり、外で働く土木系だと体が冷えやすいので、暖かいご飯が食べられるお弁当箱は重宝するようです。

 

保温型のお弁当は「ランチジャー」「フードコンテナ」があります。

保温型のお弁当箱ではサーモス象印が有名ですね。

 

 

フードコンテナは最近人気が出てきていて、フードコンテナ専用のレシピが多数出ていてレシピ本も出ていますよ。

 

 

人気の理由は

シンプルな口の広い筒の形でスープでもリゾットでもパスタでも丼もののごはんでもなんでも持っていける点ですね。

なんと、おでんや鍋もOKです。

安いものでも6時間で50度以上の保温が効くんですよ~(驚)

寒い冬に温かいものだと、体の冷えも軽減できますし、心も暖まりますよね。

保冷効果も6時間くらいなので夏は冷たいゼリーなどを持っていけますよ。

 

価格は一つ980円から5,000円と幅広いですが、高いものだと蓋部分が洗いやすくなっていて食器洗浄機でも使えます。

造りが二重構造になっていて更に冷めにくい構造のものもありますよ。

安価なものを買って、保温バッグに入れて持ち歩くのも良いかもしれませんね。

 

フードコンテナの使い方は、最初にお湯を入れて余熱し、余熱のお湯を捨ててから温めたスープを入れるんですが、この余熱が面倒な日には簡単な方法があります!

スープや鍋を持っていきたいときは、フードコンテナを余熱しないで具だけ入れ、ランチの時間に固形スープを入れてお湯を注いで数分待つとその場であったかいスープの出来上がりです!

個人的には、自宅で作ったトン汁の具だけ持って行って、会社でインスタントみそ汁を入れて食べていました。

スープ用のお弁当箱が無いのでフードコンテナが使いやすかったんです。

後、体調が悪いときにはおかゆを持って行って事がります。

体の冷えが気になる場合は生姜をたくさん使ったスープや唐辛子を使ったものが良いと思います。

 

デメリットは何と言っても・・・

そんなメリットが多い保温性のお弁当箱ですが、デメリットは重い点ですね。

どうしても保温性を高くする点から普通のお弁当箱とは重さが違います。

車通勤なら問題ないと思いますが、学校に持っていったり手持ちで会社に持っていくとなると重さに疲れるかもしれません。

あと、よく心配されるのが長時間暖かい状態で雑菌が増えないのかどうかですが、雑菌が増えるのは37度から40度で、保温ジャーだとそれ以上の温度でランチの時間になるので大丈夫なんですよ。

 

 

楽天お弁当箱ランキング!

 

ランキング素材1

象印 ステンレスフードジャー

SW-EC35-PP パールピンク (SWEC35)

 

<仕様>

  • 保冷効力6時間:保温57度以上、保冷12度以下
  • 容器の内麺は汚れが落ちやすく洗いやすいクリアステンレス
  • 本体丸洗いOK
  • 容量:0.35L
  • 広口約6.5センチ

象印のHP ステンレスフードジャー

 

ランキング素材2

象印 ステンレスフードジャー(0.35L)

ライムイエロー SW-EC35-YP

1位の色違いですかね?

仕様は確認してみましたが、1位のやつと同じでした!

象印のHP ステンレスフードジャー

 

ランキング素材3

THRMOS 真空断熱フードコンテナー JBM-500G

<仕様>

  • 保冷効力6時間:保温61℃以上、保冷12度以下
  • 蓋は開けやすいサーモス独自の2ピース構造
  • 容量:0.5L

THRMOSのHP  真空断熱フードコンテナー JBM-500G

 

ランキング素材4

THRMOS ステンレスランチジャー JBC-801

<仕様>

  • 保温効力6時間:61℃以上
  • 容量:おかず0.22L、ごはん0.27L、スープ0.2L
  • 食洗機対応でお手入れ簡単

THRMOSのHP ステンレスランチジャーJBC-801

 

ランキング素材5

THRMOS ステンレスランチジャー JBG-2000

<仕様>

  • 保温効力6時間:70℃以上
  • 容量:おかず0.4L、ごはん0.75L、スープ0.3L
  • 食器洗い乾燥機対応

THRMOSのHP ステンレスランチジャーJBG-2000

 

仕様をまとめるとこんな感じです。

 

メーカー・品名保温効力保冷効力容量
象印・ステンレスフードジャー
SW-EC35シリーズ
6時間
57℃以上
6時間
12度以下
0.35L
THERMOS・フードコンテナー
JMB-500G
6時間
61℃以上
6時間
12度以下
0.5L
THERMOS・ステンレスランチジャー
JBC-801
6時間
61℃以上

おかず:0.22L
ごはん:0.27L
スープ:0.2L
THERMOS・ステンレスランチジャー
JBG-2000
6時間
70℃以上

おかず:0.4L
ごはん:0.75L
スープ:0.3L

 

お弁当箱を買い替えようと思っていたら、保温・保冷型も検討してみてくださいね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク